• ホーム
  • 腸内環境を整え、インフルエンザ流行を予防

腸内環境を整え、インフルエンザ流行を予防

インフルエンザの流行状況マップで、自分の住む地域に危険信号がともると、気になるものです。
例え大流行していたとしても、外出しないわけにはいきません。
感染を防ぐには、普段から免疫力をアップさせ、抵抗力のある体をつくっておくことです。
免疫力を上げるのに最も大事なのは、腸内環境を整えることです。便秘は腸内に毒素がいつまでもとどまるため、大敵です。
しかし、下剤で解決するのは避けるべきでしょう。
即効性はありますが、腸内環境にとっては決して好ましいことではありません。
体内の免疫細胞の約7割は腸に存在しています。薬の力で無理に下痢を起こすと、大事な免疫細胞を損なってしまう可能性があります。
腸内環境を整え、便秘を防いで免疫力を高い状態に保つには、腸内の善玉菌を増やすことです。
善玉菌は、糖から乳酸や酢酸をつくり、腸内を酸性にします。
悪玉菌は酸性に弱く、腸内が酸性になると増殖できなくなり、やがては死滅します。
悪玉菌がいなくなり、善玉菌が増えると、腸内環境が整い、免疫機能が高まります。
インフルエンザウイルスが体の中に侵入しても、善玉菌の多い腸内で活性化した免疫細胞がどんどん退治してくれます。

インフルエンザウィルスは突然変異しやすく、たとえ前年に感染していたとしても、違う型のウィルスが流行すると、翌年にまたかかってしまいます。
毎年かかる人も少なくありません。予防するのは難しい面がありますが、感染したとしても悪化させずに1週間程度で治癒するかどうかは、免疫力にかかっています。
常に免疫の高い状態に保つため、腸内の善玉菌を増やすような食品を努めて摂るようにしましょう。
そうしていれば、便秘もしなくなるものです。

関連記事
インフルエンザの飛沫感染が観測される距離 2019年10月06日

毎年冬になるとインフルエンザが流行します。一般的な風邪は1年を通して流行していますが、インフルエンザは特定の時期に爆発的に流行するのが特徴です。インフルエンザの感染経路は、飛沫感染、接触感染、空気感染の3つがあります。接触感染は、ウィルスが付いた物に触ることで、手から口などの粘膜に侵入し感染するとい...

インフルエンザの潜伏期と、ドライシロップの効果とは 2019年08月30日

インフルエンザはウイルスによる感染症のため、流行しやすい特徴があります。潜伏期はおおよそ2日から3日程度ですが、まれに1日で発症することもあります。初期症状はなんとなくだるい、といったことから始まり、熱を測ると38度を超えます。子供の場合は、今まで元気だったのに、急に動かなくなった、ぐったりしている...

通勤中の唾液の飛沫によるインフルエンザ感染 2019年07月22日

インフルエンザは毎年冬になると流行します。通常の風邪とは異なり、38度以上の高熱や全身の倦怠感、関節痛や筋肉痛といった症状があらわれます。感染してもすぐに発症するわけではなく、1~3日の潜伏期間があります。ウィルスを持っているのに症状が出ていないこの期間は、自覚症状もないのでいつも通りの生活を送って...

インフルエンザ流行時はマスク着用で予防 2019年06月27日

インフルエンザが流行を見せ始める時期になるとドラッグストアなどではこぞってマスクを仕入れるようになります。ただマスクに関して「ウイルスをシャットアウトする能力は無い」と言われることは多いですし、そのために「マスクを付けても効果は無い」と言われることも少なくありません。マスクを着用するかどうかは個人の...

インフルエンザは風邪とは違う 2019年06月10日

インフルエンザと風邪は全く別のものであるものの、その違いを完全に押さえていると言う人はそこまで多くありません。ではこの二つはどう違うのかというと、まず大きな違いになるのは原因となるウイルスです。風邪の場合は原因となるウイルスがライノウイルスやコロナウイルス、RSウイルス、アデノウイルス、エンテロウイ...