• ホーム
  • インフルエンザ流行時はマスク着用で予防

インフルエンザ流行時はマスク着用で予防

せきをする女性

インフルエンザが流行を見せ始める時期になるとドラッグストアなどではこぞってマスクを仕入れるようになります。
ただマスクに関して「ウイルスをシャットアウトする能力は無い」と言われることは多いですし、そのために「マスクを付けても効果は無い」と言われることも少なくありません。
マスクを着用するかどうかは個人の判断であるために着用したくないということであればそれでも良いのですが、ただインフルエンザ流行時の予防手段としてマスクというのはかなり有用であると言って良いでしょう。
まずそもそも「ウイルスをシャットアウトする能力は無い」と言うことについては、確かに否定できないことです。
よほどしっかりとしたものであればまだしも、安価なガーゼマスク程度でウイルスをシャットアウトすることは無理でしょう。
しかしマスクによる予防効果はウイルスをシャットアウトすることが最大目標であるわけではないのです。
では何が目的なのかと言うと、それが「加湿」です。
インフルエンザが流行する時期としては冬場、空気が乾燥している時期が挙げられるのですが、これは気温が低下していることによって人の免疫力が低下していること、そして空気が乾燥していることによって喉なども乾燥してウイルスに抵抗できなくなることが原因として存在しています。
しかし吸い込む空気が乾燥しているのであれば、吐きだす湿った空気を使って自分が吸い込む空気を加湿してやれば良いのです。
マスクは口とマスクの間に湿度50~60%ほどの空間を作り出しますから、これによってウイルスが入り込んできたとしても対抗しやすくなるわけです。
ただし、マスクはあくまでも予防手段の一つにすぎません。
本当に予防するのであれば手洗いうがい、しっかり栄養を摂ってよく休むといった基本も並行して行い、そして出来れば予防接種を受けるようにしましょう。

関連記事
妊婦がインフルエンザに感染したら赤ちゃんに影響は? 2020年06月02日

妊婦がインフルエンザのウイルスに感染すると、赤ちゃんへの影響がとても心配になります。しかし、妊婦がインフルエンザウイルスに感染しても、赤ちゃんに直接悪い影響があるわけではありません。しかし、妊婦は体調を崩しやすいことから、インフルエンザの感染が判明したら早めに治療を開始するべきです。特に呼吸器系の疾...

低体温とインフルエンザの関係とは?平熱を上げよう! 2020年04月28日

ヒトは、体温が1度低くなると免疫力は30%も低下します。体温が下がると、血液の中の白血球があまり働けなくなるからです。白血球には、体内に侵入したウィルスと戦うという大事な役割があります。その働きが弱まると、ウィルスはあっという間に増殖して居座り続けます。免疫が最も活性化するのは、体温が36.5℃程度...

インフルエンザで脳症になることもある 2019年05月28日

毎年冬になると流行するインフルエンザですが、普通の風邪に比べると症状が重く、重症化する危険性もあるのが特徴です。インフルエンザには、タミフルが効果的ということは、世界中で認知されていて、現在ではリレンザとならんでインフルエンザ治療薬として広く使用されています。リレンザは通販することができるので、多く...

インフルエンザの予防薬と、検査方法とは 2020年03月16日

インフルエンザの治療薬にタミフルやリレンザ、イナビルがあります。これらの薬は予防薬としても使用することができ、感染するとリスクが高くなる人を中心に予防投与が行われます。予防投与できるのは、家族や世話をしている人がインフルエンザに感染していることが前提です。その上で、65歳以上の高齢者、糖尿病などの代...

インフルエンザに感染報告と、通学はいつからか 2020年01月16日

インフルエンザウイルスは感染力が強く、大流行を招くこともあります。冬の時期になると、学級閉鎖が起こることが多く、まれに学校全体を閉鎖することもあります。重症化しやすく、肺炎や中耳炎、インフルエンザ脳症などの合併症を起こす危険性もあることから、インフルエンザに感染した場合、幼稚園や保育園の登園停止、学...