• ホーム
  • インフルエンザは風邪とは違う

インフルエンザは風邪とは違う

マスクをかける女子

インフルエンザと風邪は全く別のものであるものの、その違いを完全に押さえていると言う人はそこまで多くありません。
ではこの二つはどう違うのかというと、まず大きな違いになるのは原因となるウイルスです。
風邪の場合は原因となるウイルスがライノウイルスやコロナウイルス、RSウイルス、アデノウイルス、エンテロウイルスといったようにさまざまなものがあるのに対し、インフルエンザの場合はインフルエンザウイルスだけが原因となります。
尤もA型やB型などの違いやA型にしても100種以上の亜型があるのですが、根本的なウイルスの違いというのは大きなポイントです。
また使用される薬についても大きな違いがあり、風邪薬は一般的に根本的な治療をする薬ではありません。
感染したウイルスが何か特定できていないのに効く薬を作るというのは途轍もなく難しいことであるため、風邪薬はのどの腫れや鼻水、咳といった症状を緩和する方向でアプローチをするのが一般的です。
「風邪の特効薬を作ることができればノーベル賞は間違いない」と言われるのはこのさまざまなウイルスに対して効果的に作用する有効成分というのが見つかっておらず、見つけることも極めて困難とされているからです。
それに対してインフルエンザの場合はウイルスが分かっているわけですから、特効薬と言って良い、特定のウイルスに対して効果を示す治療薬が存在しているのです。
そして最後に、これは多少ケースバイケースなところはありますが症状も大きく異なります。
風邪の場合はのどの痛みや咳、くしゃみ、鼻づまりなどが起きて時々熱が出るという程度ですが、インフルエンザの場合はそうした症状に加えてかなり高い熱と関節痛、筋肉痛などの症状が引き起こされます。
あとは風邪で死亡するケースはかなり稀ですが、インフルエンザは毎年死亡者が出ている身近でありながら恐ろしい病気であるというのを忘れないようにしましょう。

関連記事
低体温とインフルエンザの関係とは?平熱を上げよう! 2020年04月28日

ヒトは、体温が1度低くなると免疫力は30%も低下します。体温が下がると、血液の中の白血球があまり働けなくなるからです。白血球には、体内に侵入したウィルスと戦うという大事な役割があります。その働きが弱まると、ウィルスはあっという間に増殖して居座り続けます。免疫が最も活性化するのは、体温が36.5℃程度...

インフルエンザで脳症になることもある 2019年05月28日

毎年冬になると流行するインフルエンザですが、普通の風邪に比べると症状が重く、重症化する危険性もあるのが特徴です。インフルエンザには、タミフルが効果的ということは、世界中で認知されていて、現在ではリレンザとならんでインフルエンザ治療薬として広く使用されています。リレンザは通販することができるので、多く...

インフルエンザの予防薬と、検査方法とは 2020年03月16日

インフルエンザの治療薬にタミフルやリレンザ、イナビルがあります。これらの薬は予防薬としても使用することができ、感染するとリスクが高くなる人を中心に予防投与が行われます。予防投与できるのは、家族や世話をしている人がインフルエンザに感染していることが前提です。その上で、65歳以上の高齢者、糖尿病などの代...

インフルエンザに感染報告と、通学はいつからか 2020年01月16日

インフルエンザウイルスは感染力が強く、大流行を招くこともあります。冬の時期になると、学級閉鎖が起こることが多く、まれに学校全体を閉鎖することもあります。重症化しやすく、肺炎や中耳炎、インフルエンザ脳症などの合併症を起こす危険性もあることから、インフルエンザに感染した場合、幼稚園や保育園の登園停止、学...

腸内環境を整え、インフルエンザ流行を予防 2019年11月24日

インフルエンザの流行状況マップで、自分の住む地域に危険信号がともると、気になるものです。例え大流行していたとしても、外出しないわけにはいきません。感染を防ぐには、普段から免疫力をアップさせ、抵抗力のある体をつくっておくことです。免疫力を上げるのに最も大事なのは、腸内環境を整えることです。便秘は腸内に...