• ホーム
  • インフルエンザの飛沫感染が観測される距離

インフルエンザの飛沫感染が観測される距離

毎年冬になるとインフルエンザが流行します。
一般的な風邪は1年を通して流行していますが、インフルエンザは特定の時期に爆発的に流行するのが特徴です。
インフルエンザの感染経路は、飛沫感染、接触感染、空気感染の3つがあります。
接触感染は、ウィルスが付いた物に触ることで、手から口などの粘膜に侵入し感染するというものです。
ウィルスは乾燥した空気の中であれば、長時間生存することができるので、食器やドアノブなどのほか、電車のつり革も感染のリスクがあります。
空気感染は咳やくしゃみによって空気中に存在するウィルスを吸い込むことで発生します。
特に低温で空気が乾燥していると長く感染力を持ちます。
飛沫感染は特に感染するリスクが高く、主な感染経路と考えられています。
これは、インフルエンザに感染した人の咳やくしゃみから飛び散ったウィルスによって感染します。
1回のくしゃみで200万個、咳であれば10万個ものウィルスが出されることが観測されています。
距離も1~1.5メートルの距離まで感染させることができるので、側にいないから安心というものではありません。

インフルエンザの予防は、手洗いやうがいなど、ウィルスを体内に入れないことが重要になります。
感染している人が自宅から外に出ないことはもちろんですが、感染力のあるウィルスを持っていても潜伏期間の時は自覚症状がないので気づかないうちに広げてしまうこともあります。
インフルエンザは発症する1日前から感染力を持ち、発症してから5~7日まで感染力があります。
薬などで早く熱が下がっても、体内にはウィルスがいるので、指定された期間は外出せず体をゆっくりと休めることが大切です。
解熱しても2日経過していないと、学校や会社に行くことは出来ません。

関連記事
腸内環境を整え、インフルエンザ流行を予防 2019年11月24日

インフルエンザの流行状況マップで、自分の住む地域に危険信号がともると、気になるものです。例え大流行していたとしても、外出しないわけにはいきません。感染を防ぐには、普段から免疫力をアップさせ、抵抗力のある体をつくっておくことです。免疫力を上げるのに最も大事なのは、腸内環境を整えることです。便秘は腸内に...

インフルエンザの潜伏期と、ドライシロップの効果とは 2019年08月30日

インフルエンザはウイルスによる感染症のため、流行しやすい特徴があります。潜伏期はおおよそ2日から3日程度ですが、まれに1日で発症することもあります。初期症状はなんとなくだるい、といったことから始まり、熱を測ると38度を超えます。子供の場合は、今まで元気だったのに、急に動かなくなった、ぐったりしている...

通勤中の唾液の飛沫によるインフルエンザ感染 2019年07月22日

インフルエンザは毎年冬になると流行します。通常の風邪とは異なり、38度以上の高熱や全身の倦怠感、関節痛や筋肉痛といった症状があらわれます。感染してもすぐに発症するわけではなく、1~3日の潜伏期間があります。ウィルスを持っているのに症状が出ていないこの期間は、自覚症状もないのでいつも通りの生活を送って...

インフルエンザ流行時はマスク着用で予防 2019年06月27日

インフルエンザが流行を見せ始める時期になるとドラッグストアなどではこぞってマスクを仕入れるようになります。ただマスクに関して「ウイルスをシャットアウトする能力は無い」と言われることは多いですし、そのために「マスクを付けても効果は無い」と言われることも少なくありません。マスクを着用するかどうかは個人の...

インフルエンザは風邪とは違う 2019年06月10日

インフルエンザと風邪は全く別のものであるものの、その違いを完全に押さえていると言う人はそこまで多くありません。ではこの二つはどう違うのかというと、まず大きな違いになるのは原因となるウイルスです。風邪の場合は原因となるウイルスがライノウイルスやコロナウイルス、RSウイルス、アデノウイルス、エンテロウイ...