• ホーム
  • インフルエンザの飛沫感染が観測される距離

インフルエンザの飛沫感染が観測される距離

毎年冬になるとインフルエンザが流行します。
一般的な風邪は1年を通して流行していますが、インフルエンザは特定の時期に爆発的に流行するのが特徴です。
インフルエンザの感染経路は、飛沫感染、接触感染、空気感染の3つがあります。
接触感染は、ウィルスが付いた物に触ることで、手から口などの粘膜に侵入し感染するというものです。
ウィルスは乾燥した空気の中であれば、長時間生存することができるので、食器やドアノブなどのほか、電車のつり革も感染のリスクがあります。
空気感染は咳やくしゃみによって空気中に存在するウィルスを吸い込むことで発生します。
特に低温で空気が乾燥していると長く感染力を持ちます。
飛沫感染は特に感染するリスクが高く、主な感染経路と考えられています。
これは、インフルエンザに感染した人の咳やくしゃみから飛び散ったウィルスによって感染します。
1回のくしゃみで200万個、咳であれば10万個ものウィルスが出されることが観測されています。
距離も1~1.5メートルの距離まで感染させることができるので、側にいないから安心というものではありません。

インフルエンザの予防は、手洗いやうがいなど、ウィルスを体内に入れないことが重要になります。
感染している人が自宅から外に出ないことはもちろんですが、感染力のあるウィルスを持っていても潜伏期間の時は自覚症状がないので気づかないうちに広げてしまうこともあります。
インフルエンザは発症する1日前から感染力を持ち、発症してから5~7日まで感染力があります。
薬などで早く熱が下がっても、体内にはウィルスがいるので、指定された期間は外出せず体をゆっくりと休めることが大切です。
解熱しても2日経過していないと、学校や会社に行くことは出来ません。

関連記事
妊婦がインフルエンザに感染したら赤ちゃんに影響は? 2020年06月02日

妊婦がインフルエンザのウイルスに感染すると、赤ちゃんへの影響がとても心配になります。しかし、妊婦がインフルエンザウイルスに感染しても、赤ちゃんに直接悪い影響があるわけではありません。しかし、妊婦は体調を崩しやすいことから、インフルエンザの感染が判明したら早めに治療を開始するべきです。特に呼吸器系の疾...

低体温とインフルエンザの関係とは?平熱を上げよう! 2020年04月28日

ヒトは、体温が1度低くなると免疫力は30%も低下します。体温が下がると、血液の中の白血球があまり働けなくなるからです。白血球には、体内に侵入したウィルスと戦うという大事な役割があります。その働きが弱まると、ウィルスはあっという間に増殖して居座り続けます。免疫が最も活性化するのは、体温が36.5℃程度...

インフルエンザで脳症になることもある 2019年05月28日

毎年冬になると流行するインフルエンザですが、普通の風邪に比べると症状が重く、重症化する危険性もあるのが特徴です。インフルエンザには、タミフルが効果的ということは、世界中で認知されていて、現在ではリレンザとならんでインフルエンザ治療薬として広く使用されています。リレンザは通販することができるので、多く...

インフルエンザの予防薬と、検査方法とは 2020年03月16日

インフルエンザの治療薬にタミフルやリレンザ、イナビルがあります。これらの薬は予防薬としても使用することができ、感染するとリスクが高くなる人を中心に予防投与が行われます。予防投与できるのは、家族や世話をしている人がインフルエンザに感染していることが前提です。その上で、65歳以上の高齢者、糖尿病などの代...

インフルエンザに感染報告と、通学はいつからか 2020年01月16日

インフルエンザウイルスは感染力が強く、大流行を招くこともあります。冬の時期になると、学級閉鎖が起こることが多く、まれに学校全体を閉鎖することもあります。重症化しやすく、肺炎や中耳炎、インフルエンザ脳症などの合併症を起こす危険性もあることから、インフルエンザに感染した場合、幼稚園や保育園の登園停止、学...