• ホーム
  • インフルエンザの潜伏期と、ドライシロップの効果とは

インフルエンザの潜伏期と、ドライシロップの効果とは

インフルエンザはウイルスによる感染症のため、流行しやすい特徴があります。
潜伏期はおおよそ2日から3日程度ですが、まれに1日で発症することもあります。
初期症状はなんとなくだるい、といったことから始まり、熱を測ると38度を超えます。
子供の場合は、今まで元気だったのに、急に動かなくなった、ぐったりしている、食欲がない、といったことが起こります。
倦怠感や激しい頭痛、咽頭痛を伴うことが多く、風邪とは違うと認識することができます。

インフルエンザに感染した場合、タミフルやリレンザ、イナビル、ラピアクタといった薬が使用されます。
これらの薬は抗インフルエンザ薬と呼ばれ、ウイルスの増殖を抑え、症状を軽減する効果があります。
リレンザやイナビルは吸入タイプの薬で、ラピアクタは点滴による薬です。
タミフルは錠剤の他に粉状のドライシロップがあり、ドライシロップは主に小さな子供に処方されます。
抗インフルエンザ薬は発熱後48時間以内に使用しないと効果がありません。
これは、ウイルスの増殖と関係しています。ウイルスは48時間以内に増殖のピークを迎えるため、増殖が進んでしまった時に薬を使用しても効果が現れにくくなっています。

なお、ドライシロップを服用してもすぐに効果は出てきません。
30時間ほどたつと徐々に効果が現れるので、効果が現れるまでは脱水症状をおこさないよう、水分補給を意識して行うようにします。
また、ドライシロップを服用すると2日ほどで、様々な症状が軽くなります。
症状は軽くなりますが、インフルエンザのウイルスは体内にまだ残っているので、服用を中止しないようにしましょう。
タミフルドライシロップの耐性型ウイルスを出現させないためにも、飲みきることが大切です。

関連記事
インフルエンザの飛沫感染が観測される距離 2019年10月06日

毎年冬になるとインフルエンザが流行します。一般的な風邪は1年を通して流行していますが、インフルエンザは特定の時期に爆発的に流行するのが特徴です。インフルエンザの感染経路は、飛沫感染、接触感染、空気感染の3つがあります。接触感染は、ウィルスが付いた物に触ることで、手から口などの粘膜に侵入し感染するとい...

通勤中の唾液の飛沫によるインフルエンザ感染 2019年07月22日

インフルエンザは毎年冬になると流行します。通常の風邪とは異なり、38度以上の高熱や全身の倦怠感、関節痛や筋肉痛といった症状があらわれます。感染してもすぐに発症するわけではなく、1~3日の潜伏期間があります。ウィルスを持っているのに症状が出ていないこの期間は、自覚症状もないのでいつも通りの生活を送って...

インフルエンザ流行時はマスク着用で予防 2019年06月27日

インフルエンザが流行を見せ始める時期になるとドラッグストアなどではこぞってマスクを仕入れるようになります。ただマスクに関して「ウイルスをシャットアウトする能力は無い」と言われることは多いですし、そのために「マスクを付けても効果は無い」と言われることも少なくありません。マスクを着用するかどうかは個人の...

インフルエンザは風邪とは違う 2019年06月10日

インフルエンザと風邪は全く別のものであるものの、その違いを完全に押さえていると言う人はそこまで多くありません。ではこの二つはどう違うのかというと、まず大きな違いになるのは原因となるウイルスです。風邪の場合は原因となるウイルスがライノウイルスやコロナウイルス、RSウイルス、アデノウイルス、エンテロウイ...

インフルエンザで脳症になることもある 2019年05月28日

毎年冬になると流行するインフルエンザですが、普通の風邪に比べると症状が重く、重症化する危険性もあるのが特徴です。インフルエンザには、タミフルが効果的ということは、世界中で認知されていて、現在ではリレンザとならんでインフルエンザ治療薬として広く使用されています。タミフルは、インフルエンザに対抗する薬と...