• ホーム
  • インフルエンザで脳症になることもある

インフルエンザで脳症になることもある

マスクをかける子ども

毎年冬になると流行するインフルエンザですが、普通の風邪に比べると症状が重く、重症化する危険性もあるのが特徴です。
インフルエンザには、タミフルが効果的ということは、世界中で認知されていて、現在ではリレンザとならんでインフルエンザ治療薬として広く使用されています。
タミフルは、インフルエンザに対抗する薬として処方され、インフルエンザウイルスが増殖するために必要なノイラミニダーゼの働きを阻害する力があります。
ウイルスが増殖できないことで、体内にインフルエンザウイルスが侵入しても、症状は悪化することはありません。
即効性があるため、症状が現れてから48時間以内に服用することで、大幅に回復するまでの時間を短縮することが可能となります。
タミフルとならんで、インフルエンザ治療薬としてリレンザがあります。
錠剤のタミフルと違い、吸入するタイプのリレンザは、即効性がありますが、ただ、吸引するにはこつが必要で、自力でうまく吸引する事ができないと使用することができませんから、5歳以下の幼児は使用できません。
タミフルは子供用にドライシロップがありますから、幅広い世代で服用できるという点が、世界中で使用されている理由ともいえます。
ただ注意しないといけないことは、タミフルは、5日間の服用が基本となります。
途中で高熱が引いた場合、多くの人は治ったからもう飲まなくてもよいだろうと思ってしまいますが、熱が下がったからといって完全に治ったわけではなく、体内にはウイルスがまだ残った状態です。
自己判断で服用をやめて外出した場合、他の人にインフルエンザウイルスを感染させる危険性もありますから、きちんと定められた期間服用することが重要です。

関連記事
インフルエンザに感染報告と、通学はいつからか 2020年01月16日

インフルエンザウイルスは感染力が強く、大流行を招くこともあります。冬の時期になると、学級閉鎖が起こることが多く、まれに学校全体を閉鎖することもあります。重症化しやすく、肺炎や中耳炎、インフルエンザ脳症などの合併症を起こす危険性もあることから、インフルエンザに感染した場合、幼稚園や保育園の登園停止、学...

腸内環境を整え、インフルエンザ流行を予防 2019年11月24日

インフルエンザの流行状況マップで、自分の住む地域に危険信号がともると、気になるものです。例え大流行していたとしても、外出しないわけにはいきません。感染を防ぐには、普段から免疫力をアップさせ、抵抗力のある体をつくっておくことです。免疫力を上げるのに最も大事なのは、腸内環境を整えることです。便秘は腸内に...

インフルエンザの飛沫感染が観測される距離 2019年10月06日

毎年冬になるとインフルエンザが流行します。一般的な風邪は1年を通して流行していますが、インフルエンザは特定の時期に爆発的に流行するのが特徴です。インフルエンザの感染経路は、飛沫感染、接触感染、空気感染の3つがあります。接触感染は、ウィルスが付いた物に触ることで、手から口などの粘膜に侵入し感染するとい...

インフルエンザの潜伏期と、ドライシロップの効果とは 2019年08月30日

インフルエンザはウイルスによる感染症のため、流行しやすい特徴があります。潜伏期はおおよそ2日から3日程度ですが、まれに1日で発症することもあります。初期症状はなんとなくだるい、といったことから始まり、熱を測ると38度を超えます。子供の場合は、今まで元気だったのに、急に動かなくなった、ぐったりしている...

通勤中の唾液の飛沫によるインフルエンザ感染 2019年07月22日

インフルエンザは毎年冬になると流行します。通常の風邪とは異なり、38度以上の高熱や全身の倦怠感、関節痛や筋肉痛といった症状があらわれます。感染してもすぐに発症するわけではなく、1~3日の潜伏期間があります。ウィルスを持っているのに症状が出ていないこの期間は、自覚症状もないのでいつも通りの生活を送って...